ホーム > カードローン > 銀行系カードローンについて

銀行系カードローンについて

カードローンは、保証人や担保などの必要がなく、個人で借りられるローンのことです。カードローンが利用できる金融機関としては、銀行のほか、消費者金融会社があります。銀行系、あるいは銀行のカードローンという名称で宣伝をすることで、他の金融商品と差別化をはかっていることもあります。これらの言葉は似てはいますが、大きな違いがありますので、ローンを利用する際には理解しておく必要があります。資本は銀行のものである消費者金融会社や、数社の合併によってできた新しい消費者金融会社も存在します。その中でも、銀行グループ系の消費者金融会社から融資を受けることができるものが、銀行系カードローンです。銀行系のローンを申し込みをする際には、消費者金融会社との契約となります。銀行が直接、申込み者に融資をしているものが、銀行カードローンとなります。もしも銀行カードローンから融資を受けたい場合は、銀行に対しての申込みをします。このように銀行のカードローンと銀行系のカードローンとでは、扱っている会社が違いますが、どちらも消費者金融系や信販系に比べると金利が低めに設定されていることが多いという特徴があります。銀行カードローンの特筆すべき点は、総量規制が適用されないところです。銀行系カードローンは、総量規制内の融資金額に留まります。具体的に何%の金利で、いくらまでの融資ができるかは、金融会社によって違っていますので、借入先ほ選ぶときはよく確認しておく必要があります。<p><a href="https://www.cardloanlow.work/">低金利のカードローンの銀行を上手に利用する方法</a><br />大抵の銀行は、自社の貸付金利を表示する時に、最大金利と最低金利の2パターンの金利を表示しています。可能な限り低金利の金融サービスを利用したいと思っている人はたくさんいます。</p>